群馬県 不動建設 住宅建築の注意点

     新築・リフォーム・外構・解体・測量


    ●今の家は これからの新築

    木造住宅をしっかり長持ちさせるには、構造材である木の骨組が、一番の要です。
    昔の家は、この構造材に重点を置き、100年以上しっかりと建ち続けます。
    今の家は、内装・外装・設備に重点を置き、構造材には、細く安い外国の木や(マッチ棒の家)、細い棒を接着剤で
    くっ付けた集成材(もはや木造住宅ではない家)を使用しています。表面がキレイでも骨組が細い・悪いので長持ち
    しません。
    現代の家は、昔の家で使用した国産の良質な構造材を使用し、なおかつ現代にマッチした内装・外装・設備で家を
    建てるべきではないでしょうか?この様な理想的な家は、価格が高いのではと思っていませんか?
    しかし、構造材に良質な国産材を使用しても、坪単価はほとんどかわりません。

国産材ひのき なぜ国産材が良いのか?
その土地で育った木は、その土地で使う
方が気候・風土に適しているため日本で
使う木は、日本の木が良いのです。

(左:国産ひのき 右:ホワイトウッド集成材)

まがい物

・積層材の柱
中にはこんなまがい物まであります。
こんな柱と一生住みたくありませんね。

 

    ・ひのきはシロアリ知らず
    ひのきや青森ヒバにはヒノキチオールという、化粧品の原料にも使われているほど安全で、抗菌、消臭、癒し効果がある他
    様々な薬効があり、アトピー等の肌の弱い人にも良いとされている成分で、シロアリに対しても優れた防虫効果がある為
    ひのき・ヒバ等を使用した構造には防腐防蟻処理が要りません。逆に、それ以外の材料には人体にも悪影響を及ぼす
    薬剤をたっぷり塗らなければならないと、建築基準法には定められています。

群馬県 不動建設 住宅建築の注意点
Copyright (C) 2004- chiharuya All Rights Reserved.